イシクニズム

Jun/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
古い時計の金属ベルトのサイズ調整1
いつもイシクニズムをご覧いただきましてありがとうございます。
ブログ担当の宮嶋です。

今回は、古い時計の金属ベルト調整についてお話します。



以前の記事でも使用しましたこのシチズンの腕時計。
裏蓋のNoから、1973年6月に製造された時計とわかります。



ベルトは当時の専用のものが取り付けられています。
では、このベルトのサイズを短くしてみましょう!

留め具(クラスプ)の調整用の穴を見ると、一番奥の穴を使用しています。
駒を外さないと短く出来ないようです

ではベルトの側面のピンを…ってピンを押し出す穴がない!



かわりに平たい板が見えます。
これは板をスライドさせて外す板バネタイプのベルトなのでしょうか。

ベルトを裏返して、駒を外す…って駒外し用の穴と出っ張りがない!



これではサイズ調整が出来ません!

はたして、このベルトのサイズ調整は出来るのでしょうか?

次回に続きます!


ネットショップはこちら
フェイスブックはこちら
 (いいね!&フォローお待ちしております)
その他 : comments (x) : trackback (x)
今年もあと90日!
sakaue>10/03
横 250 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 346 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。