イシクニズム

Dec/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
ブログ担当のベルト話 〜スライド式ベルトのサイズ調整〜
いつもイシクニズムをご覧いただきましてありがとうございます。
ブログ担当の宮嶋です。

今回は、ご自身でクラスプ(留め具)をスライドさせてサイズ調整が出来るスライド式(フリーアジャスト)の金属ベルトについてお話しします。

スライド式金属ベルトのサイズ調整は、店頭で接客をしていた時によくご案内させて頂いていました。特に調整方法が知りたい!とご相談に来られるお客様が多かったと思います。
弊社ホームページの石国特集(http://www.1492.co.jp/user_data/1492sp.php)の中でもご紹介していますが、もう少し詳しくご案内いたします。

ご用意いただくものは、小型のマイナスドライバー1本!それだけです!



これがスライド式の金属ベルトです。



クラスプ(留め具)を外すとベルトが2つに分かれます。
ベルトの途中についている受け側のクラスプをスライドさせてサイズ調整します。



スライドさせるクラスプのスキマにマイナスドライバーを差し込みます。



マイナスドライバーをあげて、クラスプの上のカバーを上げます。



成功するとカバーが上がります。



クラスプをつまんで、スライドさせてサイズを調節します。
ベルトの先側にスライドさせる際は、先からクラスプが抜けないように気を付けてください。



好みのサイズのところで、カバーを下ろします。
※ブレス裏には溝、クラスプ裏には突起部があり、それがかみ合って外れないように作られています。かみ合っていない状態で無理やり下すと壊れてしまいます。上手く下りない場合は、少しずらしてもう一度下げてみてください。



これで完成です!

いかがでしょうか。季節ごとにサイズ調整が出来れば、今以上に時計を楽しんで頂けること間違いなしです!
ぜひご参考にして頂ければと思います。

※画像はクリックすると拡大します。


***注意***
今回ご紹介したスライド式の金属ベルトは、こちら以外のデザインや形状のものもございます。無理に調整をしようとすると時計の破損やケガをしてしまう恐れがございます。少しでも難しく感じましたら弊社店舗にご相談下さい。

弊社ホームページ→
小売店舗ホームページ→
その他 : comments (x) : trackback (x)
今年もあと90日!
sakaue>10/03
横 250 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 346 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。