イシクニズム

May/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
ベルト交換の必需品!バネ棒交換が販売開始されました!
いつもイシクニズムをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

ブログ担当の岩山です。

さて、この度弊社ネットショップにてバネ棒外し工具の販売が開始されました。

これまでネットサロンド石國商店では腕時計とベルトのみ取り扱っていましたが、この度バンド交換用の工具としてバネ棒外しがネットショップの商品に追加されます。
自分で腕時計のバンド交換に挑戦したい方には是非ともオススメの一品となっております。

さて、時計の基本知識としましては、多くの腕時計はバネ棒式というタイプを採用しております。


こちらがバネ棒です。時計のラグ穴と呼ばれる部分にバネ棒の両端が広がる事で差し込まれ、時計にベルトが固定されています。
写真の赤い矢印の方向にバネを押し下げる事が出来ますので、バネ棒外しのY字側をバネ棒の段に引っ掛け、バネ棒を押し下げながら、ベルトを着脱致します。



このバネ棒外しは筆者が使用している物で今回販売される物とは異なりますが機能面に変わりはありません。


こちらが先の割れているY字型
先端が鋭くなっているのでケガや時計に傷をつけないように取り扱いにはご注意ください


反対側がI字側となります。

2種類を使い分けることで、バネ棒外し一つで多くの時計のベルト交換を行うことが出来る優れものです。



小さな穴がラグ穴になります。



ベルトを外してバネ棒だけを付けた状態の時計となっています。両端の細くなっている部分が、ラグ穴にしっかり差し込まれているのがお分かりになるでしょうか。
ラグ穴にバネ棒がしっかり入っていないと、時計からベルトが外れてしまい大切なお時計に傷がついてしまう恐れがある為要注意です。

 Y字型のバネ棒外しはバネ棒を使用しているタイプの時計ならほとんどの物に使用が出来ます、I字型の方はラグ穴が貫通している時計のベルトを外す際に使用します。



写真がラグ穴が貫通している時計になります。このラグ穴からバネ棒を押し下げる事でバネ棒を外すことが出来ます。比較的レディースタイプなどの小さい時計に採用されています。



自分で時計のベルトを交換出来ると季節による付け替えや、洋服の色などと合わせてコーディネイトが出来るので時計をよりお楽しみいただけます。
交換手順を画像や動画にまとめてありますので、参考にして下さいませ。

ショップページはこちら

交換作業を行う自信が無い方や、ネジ式などのベルトの取付けが特殊なモデルの場合はお近くの石國商店もしくは石国のベルト取り扱い店までご相談下さい。

店舗一覧はこちらから
NEWS : comments (x) : trackback (x)
今年もあと90日!
sakaue>10/03
横 250 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 346 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。